ここ最近、通信分野の成長が著しすぎると思います。

電話を繋がなくても、ネット回線さえあればアプリなどで親しい相手とはやりとりできますし、電話番号は携帯電話番号でなんとかなる場合も多いです。

そういった時代の流れを考えると、一般的に言われる『家電』みたいなものはすたれて行ってしまうのかもしれませんね。

私がそれを深く実感したのは、後輩の女子が携帯電話のアプリを使って複数の相手と当たり前に会話をしている光景を見たからでした。

正直、そういうネット回線さえあれば電話のように話せるものがあるということは知っていましたし、自分も利用するくらいでした。

ですが、携帯電話でもそれと似たようなことが出来ることはその時初めて知ったのです。

待ち合わせに来ない人達に連絡取って見て、と言った際にそのアプリを起動して、複数の相手に呼び掛ける様は、なんというか、不思議な光景でした。

いままでであれば、一人一人に電話をかけなければならなかったところでしょう。

それが一瞬で全員に(応答があるなしは別にして)呼びかけられるという事実に、自分もまだ若いはずなのにカルチャーショックを受けてしまいました(笑)。

今後、通信の分野はさらに加速度的な発展を遂げて行くでしょうし、自分もうかうかしていると一昔前の携帯電話に馴染めない御年寄のようになってしまうと危機感を覚えたました。